塾講師兼主婦みぃこです。ローカルな公教育の現状を中心に、節約情報&トクトク情報もちょっぴり・・・。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 私が親なら即刻塾をやめさせるわ〜 | main | 全国学力調査結果開示について、生徒たちに聞いてみた >>
中学・夏の宿題ドリルの実情は・・・
中2の英語のクラスでの話。。。

塾講師としては、夏休みに苦手なところを復習させようと、
各生徒に合わせたプリントを用意していたのです。

私:『☆☆ちゃん不定詞苦手だから復習しようよ。』と自作プリントを出すと、
生徒☆:「先生、学校でもらった夏休みドリルで復習したいけど、それじゃだめ?」
『まあ、いいか。じゃあ、解答を先生がチェックして、分からないところは復習ね。』
「先生マル付け要らないって。この夏のドリル何でもいいから答えを埋めといたら、学校はokだもん!」

はぁ?びっくり!です。
『何、それ。学校の先生はマル付けせんの?』
「せんよ。全部埋めてあるかどうかは見るけど。埋めていたら、okだよ!」

意味不明・・・。
各中学校は英語と数学の夏のドリルを配布していますが「勝手にやったら?」なの?? こういう対応は昔からだったっけ??

ふつう、やらせっ放しでは理解できたのかどうかわかりませんものね。
分かるまで何度でもしないと意味がない。
特に英語は分からないことがひとつでもあるとすぐ躓く。それが怖いんです。

う〜ん、ほんと学校の先生は楽だわ〜 
生徒間で学力差があるのに、全員同じドリル与えて、ノーチェックですか?
塾ではありえん話・・・。
その実態、親が知ったらどう思うんだろう。ドリル代金徴収してるんじゃないの?
こんなことでは無駄遣いだわ! 

結局、学校の夏ドリルを無駄にしないために、全部塾の中でしてもらった。
解答をチェックし、分からないところは復習させ有意義に活用させて頂きました!

お父さん、お母さん、
お子さんの夏のドリルはどう活用されているのか?実態を一度確認してみてください。
無駄なお金、無駄な時間を費やさないためにも。

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
スポンサーサイト
確かに就学意欲が無い子が塾にいってもね・・・。親の面目、世間体、そしてとりあえず・・・・。子供も親もなんだかねーの時代ですから。ビジネスライクにいけばいいのでは。ちなみに私は塾には行った事ありません。一人でマイペースで好きなようにできる自分本位でいられる学習パターンが好きでした。
こめ | 2008/07/29 8:04 AM
確かに子供や親が塾に求めていることも変わりつつありますね。子供には他校の交流・情報交換の大切な場であったり、親は子供が家で勉強しないので塾に行ってくれてたら安心、のようです。高い安心料です。。。
みぃこ | 2008/07/29 8:05 AM
COMMENT









Trackback URL
http://qoqo.jugem.jp/trackback/28
TRACKBACK

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●↑クリックで応援お願いします♪