塾講師兼主婦みぃこです。ローカルな公教育の現状を中心に、節約情報&トクトク情報もちょっぴり・・・。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

現役中学生より、中高年の方が英語を覚えている・・
ある企業で50歳代のエンジニアに英語を教えています。
急に海外出向となって時間がないとのことで、短期指導です。

そんなに急に、ある程度英語使えるようにするにはどうしたらいいのか?
しかもオジサンです。
と、メニューを考えた挙句、英会話は気持ちさえあれば現地でなんとかなる。
それよりも、読む・書く・聴く・話す、の全ての基礎のルール習得に絞ろう!
と思い「中学英文法」に特化した指導にしたんです。


いいテキストがありました、
アルク出版の"Mr.EVINEの中学英文法を修了するドリル”。
これを使えば中学生も困らないのに。。。。と思うくらいのいいテキストなので、
私は今、中学生にも、高校生にも副教材として併用しています。

ところがその50歳代の男性、結構基礎的な文法を理解していてびっくり!
今の中学ではやらない文法用語は全部わかるので、理解がとても速い!
今死後になっている”三単現のS”(みなさん分かりますね?)とか、
Be動詞とかは説明不要!品詞も大概わかります。

ゆとり世代の中・高生と比べると、基礎英語力の確かさを感じます。
基礎さえキチンとしていれば、修正と積み上げでどんどん進めるので楽しみ。

ここでも、今の中学校の英語教育の貧しさを実感。
もっと学校で基礎的な力をつけてくれさえしたたら、
後になって、再度学ぼうとするときも楽ですのに。。。
今の公教育は子どもたちになにを教えているのか、きちんと責任を負っているのか?
と思うこのごろです。

JUGEMテーマ:学問・学校

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
全国学力調査結果開示について、生徒たちに聞いてみた
鳥取県では、全国学力調査結果を市町村別学校別に開示する動きがあり、
それが決定すると全国で「初」となることから注目が集まっています。


平井知事は24日の定例会見で
「保護者や納税者にとって、学校や市町村に物が言える材料を開示することに何の問題があるのか」とのコメントを聞き、感服しました。
ところが各市町村の教育長が、様々な理由をあげ開示に反対しています。
(南部町だけは開示に前向き。自らの教育行政への自信のあらわれです。)

なかには『公開しないことを子どもと約束したので約束違反になる。』
というものもあり笑えました。
こんなところで急に子どもの意見を重視しようと言うわけです。

「実際子どもたちはどう思っているのかな?」と、塾の生徒に聞いてみました。

『去年小学校の6年生の時にやった全国学力調査テストって覚えている?』
「う〜ん、なにそれ?いっぱい同じようなテストしてるからわからん。」
「したかな?してないかな?よく覚えてない。」
特に記憶に残ってないようです。

『全国で一斉に同じテストをして、自分の学校の平均点を公開されたら何か困る?』 
「別に困らんよ、うちの学校の平均点、僕も知りたいけどな。」
「私らいいけど、先生が困るんじゃないの?、(笑)」
特に開示を嫌ったり困るような生徒はいないようです。

塾の生徒だけの話ですが、実際受験した子どもたちは、
全国調査をしたことすらよく覚えてないし、それが何なのか理解してません。
自分の学校の平均点公開についてイヤだと思う生徒は一人もいませんでした。
かえって皆が知りたいと思っているようです。

「非公開を子どもと約束したので約束違反になる」と話されていた教育長は、
いったいどんな固い約束をされたのだろうと不思議に思えました。

公立学校の生徒、一人当たりの公的負担額は
 ・小学生  84万円
 ・中学生  94万円
 ・高校生  91万円 (国税庁の19年度資料から)
ひと月7万円以上です!

テストの結果のみで学校の教育内容を測れるものではありませんが、
学力向上は大きな教育の柱であることは間違いありません。
教育委員会や学校は、折角実施した全国調査の結果を公開し、
その現実から逃げないで、知恵を絞って有効に活用して欲しいものです。

公立学校が本来の「学び舎」であって欲しいと願うばかりです。

★全国学力・学習状況調査結果の取り扱いに関する意見募集(鳥取県)

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
中学・夏の宿題ドリルの実情は・・・
中2の英語のクラスでの話。。。

塾講師としては、夏休みに苦手なところを復習させようと、
各生徒に合わせたプリントを用意していたのです。

私:『☆☆ちゃん不定詞苦手だから復習しようよ。』と自作プリントを出すと、
生徒☆:「先生、学校でもらった夏休みドリルで復習したいけど、それじゃだめ?」
『まあ、いいか。じゃあ、解答を先生がチェックして、分からないところは復習ね。』
「先生マル付け要らないって。この夏のドリル何でもいいから答えを埋めといたら、学校はokだもん!」

はぁ?びっくり!です。
『何、それ。学校の先生はマル付けせんの?』
「せんよ。全部埋めてあるかどうかは見るけど。埋めていたら、okだよ!」

意味不明・・・。
各中学校は英語と数学の夏のドリルを配布していますが「勝手にやったら?」なの?? こういう対応は昔からだったっけ??

ふつう、やらせっ放しでは理解できたのかどうかわかりませんものね。
分かるまで何度でもしないと意味がない。
特に英語は分からないことがひとつでもあるとすぐ躓く。それが怖いんです。

う〜ん、ほんと学校の先生は楽だわ〜 
生徒間で学力差があるのに、全員同じドリル与えて、ノーチェックですか?
塾ではありえん話・・・。
その実態、親が知ったらどう思うんだろう。ドリル代金徴収してるんじゃないの?
こんなことでは無駄遣いだわ! 

結局、学校の夏ドリルを無駄にしないために、全部塾の中でしてもらった。
解答をチェックし、分からないところは復習させ有意義に活用させて頂きました!

お父さん、お母さん、
お子さんの夏のドリルはどう活用されているのか?実態を一度確認してみてください。
無駄なお金、無駄な時間を費やさないためにも。

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
私が親なら即刻塾をやめさせるわ〜
私、小学生から社会人まで教えています。
中心はなんといっても中学生。
科目は英語、数学。必要に応じて理科・社会・国語も。

生徒に
『クラスでどのくらい塾に行っているの?』と聞くと、
「半分くらいは行っているよ。」
学校差もありますが、だいたい半数くらいは塾通いしている様子。
たしかに塾の数も多い。大手や、個人塾もいっぱいあります。

そのせいか学校の延長になってしまってます。
じっとして勉強ができない子が多いんです。
90分授業なのに、おしゃべりばかりして集中して勉強していない生徒が大半。

塾講師の私としては、
『塾に何しをしに来ているの?成績上げるために塾に来ているんじゃないの?』
『高い塾代を払っているんでしょ?』
と、はっぱをかけるのだが「そんなの関係ない!」のが今の小・中学生なのか・・・

親が知ったらどう思うんだろうな?
『私が親なら塾やめさせるわ!勉強しない子になんか高い塾代払いたくないからね。』
『今度様子見てもらうために授業参観するからね!!』と思わず言ってしまった。

生徒たち「え、えっ、マジ??」
私『もちろん、授業参観も三者懇談会もします!』と続けてしまった。
生徒は一瞬だけど、おとなしくなった。
そんなことを言ってしまった私は、もうれつ反省モード。
・・・これじゃあ、学校と同じじゃないの?仕事も増えるし。

学校は学力についてはあんまり責任もたなくていいみたいだけど、
(いぇ、ほんとにそう見えます。)
塾には成績アップという使命があるから・・・と気を持ち直し、
保護者に授業参観の連絡をしています。

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
またよろしくお願いします!
こんにちは、塾講師みぃこです!

気分新たに、新しいブログで再スタートしますのでよろしくお願いします。

最近は生徒の層も広がって、英語中心に、小学生、中学生、高校生、そして
ビジネスマンまで教えています。英語のほかは数学も、時には理科・社会も。。。
ふ〜 教える幅の狭い、学校の先生が羨ましいと思うこのごろ。

塾での幅広い生徒との会話からみえてくる、今の子供、学校、そして親のこと。
そしてそこから感じる教育の問題点などをまた幅広く綴ってみたいと
思います。

そして、今ファイナンシャルプランナーを目指して勉強中なので、
ちょっぴり節約&お得情報も織り交ぜてみますね!

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●どれでも、ワンクリックで応援お願いします♪
公立中学にも格差が・・
すごく久しぶりの更新なので、やり方に戸惑いました(笑)。

やっと高校入試も終わり、塾講師の私もホッとしています。
受験生2名、数学を教えていたので、随分心配しました。
昨年までの鳥取県高校入試、数学が難しく、
その平均点は他教科に比べかなり低かったのです。

批判が県教委に届いたせいか、
今年の数学問題は例年になく簡単でした。
高校の数列が出てたりしてちょっとびっくりしたのですが、
数列が分からなくても解けるくらいの問題でしたし
多分平均点も高かったことと思います。

二人とも希望の高校へ合格!
やれやれ・・・です。

ところで今日は、
各中学校ごとの取り組み方や成績公開度についてのお話。

うちの塾では、
試験のあと中学校がくれる「得点分布図」を見せてもらうのですが、
その成績公開度、学校差が大きいのです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ←クリックありがとう

得点分布図はこうなっている・・・

続きを読む >>
『楽しさひろがる』中3数学の教科書?

前に、算数のできない中学生の話しをしましたが、
今回はびっくりするくらい薄い、中学数学の教科書をご紹介します。

大きいのが現在の中3の数学教科書(平成17年検定)です。
小さい方は1年前のもの(平成13年検定)です。
わずか1年で、この違いです(注:教科書検定は約4年に1回らしい)


今の教科書、なんと巻末にペーパークラフト。「小学1年生」の付録みたい。
『同じ形ができるかな?』なんて、まさに『楽しさひろがる』内容(笑)。
教科書はだんだんは絵本化してますね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ←クリックありがとう

中学生にとって問題なのは・・・
1)例題が少なく、ほとんど答えが載っていない。結果、自分で予習ができない。
2)練習問題が極端に少なく教科書だけやってても高校入試には対応ができない。

塾としては文科省に事業拡大の応援をしてもらってるようなもので、有難い話。
おかげで私も塾講師の職があるわけですが、これでいいのでしょうか。


「イオンラウンジ」で株下落の元をとる・・?

10月5日にイオン鳥取北店が増床開店。
イオン株主の私としては、行くしかない。連休最後の日に思い立ってGo!。

ものすごく混んでます、道路も駐車場も。駐車場警備員もなすすべがなく。
「もう満車ですので、空いているところ見つけて停めてください。」と大声で・・・。
たまたまのタイミングで出ようとする車のあとにすべり込みました。
全長150mで、中間に位置するフードコートは590席。それもほぼ全部埋まっています。

目玉はショッピングモールで鳥取初出店の店舗。
中でも「コジマ」とテレビも紹介されている「ブランドオフ」
そして売り場面積中国最大規模(400坪)の「ユニクロ」。
もう都会ですね。鳥取県とは思えません。

こんなに盛況なのに何で株があがらないのか?と複雑。

今春、株でプチ稼ぎをと、図書館で株取引の本を何冊も借り勉強して初挑戦。
いろいろ考えた挙句「イオン」に投資。理由は
’磴い笋垢げ然福複横伊円台で買える)
株主優待券がある
D戦的な企業で、社会性を感じる

にほんブログ村 主婦日記ブログへ←クリックありがとう。
続きを読む >>
学力が低くて就職できない
高校生の就職を担当している方から聞いた話。

製造業が高卒採用するのに、以前は学業成績より人物で採否を決めるのが一般的でした。
(「真面目で健康ならいいですよ。」とか・・・)
ところが、最近は全く様変わり、製造業の採用基準もまず学力なのだそうです。
まず基礎学力があって、それから人物評価だとのこと。

その話を聞いた瞬間、すこし驚きましたが、よく話を聞いてみると、なるほどなぁ。

採用基準の変わった理由は、学力の大幅低下によるものだそうで、
いくら学力が低いといっても、
以前はそこそこの基礎的な計算、ある程度の漢字の読み書きはできていた。

ところが、
このごろ驚異的な学力の低さの(というより学力がほとんどない)子が増えた。
信じられないでしょうが・・・・・・低すぎなのです。
最低限の基礎学力がなくては仕事にならない。
今ではパチンコ業界も基礎学力の学科試験があるそうです。
(最近では、有名大学生も雇います。)

その就職担当の方が言うには、「学力はなくても進学は出来る。が、就職は難しい。」
少子化で受け入れてくれる大学や専門学校はいくらでもあるのだけれど・・・。

塾の子どもたちの様子で、学力低下についてはある程度知ってはいましたが、
高校卒業生の就職にこれほどの弊害があるとはねぇ。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ←クリックありがとう。

現在の高校生は、平成3〜5年生まれ、
平成11年からはじまった授業数削減の新指導要綱。
いわゆる「ゆとり教育」の影響をもろに受けた子どもたち。
このように「学力低下」が大きく問題視され、日本の将来が懸念される中、
まだ「ゆとり」が続いています。

この実態が分かっているのかいないのか、
国民の意識調査では、「ゆとり教育からの脱却」に反対している人が約4割もあります。
「詰め込み教育より、いきる力を育てる教育を望む」というのが理由。
たしかに「いきる力」は大切。だが、基礎学力なくして何の「生きる力」なのか?
「ゆとり」とは、あるていどのパワー(学力)があって生まれるものでは??
(軽トラックで高速道路を走り続けるの??)
企業に受け入れてもらえない卒業生をどんどん増やしていく公教育。
ほんとうに、それでいいのか。

塾が存在しないと学力維持がむずかしい「今の公教育制度」。
今日も、大きな疑問を持ちながら
塾講師として変な使命感で子どもと向き合っています。(苦笑)
ネットリサーチ・モニターで『プチ稼ぎ』!
今回は、ちょっとした『プチ稼ぎ』の情報。
この時代、節約だけでは間に合わない、主婦としては小遣い稼ぎも・・・
最近はやりの「ネットリサーチ・モニター」のご紹介です。

ネットリサーチモニターというのは・・・
インターネットを通じて行われるアンケートで、アンケートサイトでモニターの登録をするとアンケート依頼のメールが来るようになります。

アンケートには2種類あります。
1)「Yahoo!リサーチ」のようにアンケートに答えて抽選で現金や商品券がもらえるアンケートサイト。
2)マクロミルのようにポイントを貯めて、ある一定以上になると現金や商品券に交換できるアンケートサイト。

最強のアンケートサイト「マクロミル」
お勧めは3つ。
最強の『マクロミル』です。
依頼件数も多く、電話でのアンケートもあり、知らず知らずのうちに貯まります。
1月で千円も可能です。現金を振り込んで貰えます。
yahooリサーチ・ライト
獲得したポイントを1ポイントからYahoo!ショッピングで使うことができます。また、現金で支払われるYahoo!リサーチも一緒に登録できます。
リサーチパネル
アンケート+クリックポイント+商品購入etc...なんでもござれの貯まりやすいサイトです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ←クリックありがとう

このほか、楽天リサーチJMAなどもありますね。各サイトで特徴がありますので、まずは登録して感覚を掴みましょう!

ちなみに私は、『マクロミル』『yahooリサーチ』『リサーチパネル』でプチ稼ぎしています。
年間では1万円以上にはなります。

さあ、住民税があがった分くらいは取り戻すつもりで頑張りましょう!

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
●↑クリックで応援お願いします♪